s
top_logoL   top_logoR
ホーム | 製品情報 | ソリューション | ニュース | サポート | お問い合わせ | サイトマップ
製品情報
検索
カタログ請求
catalog
特集記事
ポリシー
運営元
IBSlogo
本サイトはアイ・ビー・エス・ジャパン株式会社によって、運営されております。
投稿者: ibsadmin 投稿日時: 2014-9-1 10:16:47 (555 ヒット)

このサイトはMOXA社の正規日本代理店であるアイ・ビー・エス・ジャパン株式会社によって運営されております。

本日、アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社のWebサイトがリニューアルオープン致しました。
サイトリニューアルに従い、製品ページ内のデータシートもしくは、バナーのリンク先が変更となっております。

恐れ入りますが、リニューアルサイトの製品ページよりデータシートのダウンロードをお願い致します。

アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社
http://www.ibsjapan.co.jp/

今後とも皆さまにとってより使いやすいWebサイトとなるよう、さらなるコンテンツの充実を目指してまいりますので、今までと変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。


投稿者: ibsadmin 投稿日時: 2013-6-18 13:52:22 (1635 ヒット)


幹線旅客列車に使用する列車コンピュータは、広く分散されたインフラストラクチャを通して多種多様な自動化されたサービスとアプリケーションをサポートしなければなりません。沿線の駅とコントロールセンタ、Wi-Fiアクセスと乗客、NVR/CCTV、オペレータロジスティックスと乗客発券サブシステムを一つにまとめた通信は、多分他のすべての幹線旅客列車にも見られるものでありマスタ列車コンピュータに必要とされる汎用性、モジュラによる拡張性、シリアル・ツー・イーサネット最適化のキー機能をサポートしています。これらの補助的なサービスは、技術的に大ざっぱに適用されますが自動化された信号と制御システム実行に関する重要な役割を果しません。それにもかかわらず、苛酷な振動、電源変動/EMI、ワイドで極端な温度変化の可能性により厳密な技術規格を無視することはできません。また、ハードウェアおよびソフトウェアの信頼性が何よりも懸念されます。列車コンピュータは、特定の要件があり、それらの間で汎用性、耐久性および拡張性を備えていなければなりません。



電源の集中化

EN 50155規格が示すように幹線旅客列車のコンピュータハードウェアは、断続的な障害や電力サージの両方に対して設計された強力なEMI保護を必要とします。規格は、あらゆるコンピュータが列車で使用するために考慮される前に絶対最小値を満たす保護を設定する必要があります。列車コンピュータで最初に求められるものは、EN 50155準拠です。しかし、これらの電源機能は、内部的なものです。規格を考慮しないものは外部的なもので、これらのコンピュータは、列車構成の全体にわたり分散されたシステムの中のノードを形成します。あらゆる車両は、それ自身のコンピュータキャビネットを備えまた、これらは多種多様なITおよびIAデバイスを含んでいます。従って、電力制御を統合しない場合、完全な幹線旅客列車システムをシャットダウンするには、あらゆる列車のキャビネットを開け、1つずつステーション(おそらくデバイスさえ)をパワーダウンする厄介さと時間を費やすプロセスとなります。

電源の冗長性および集中制御は、特に幹線旅客列車の中のオンボードシステムに必要とする重要な機能です。基本的な制御の統合は、シリアルインターフェースを介してリンクされたI/Oスイッチにより実行することができますが、ユニバーサル電源装置(UPS)を使用することができる場合、優れたソリューションが利用可能です。シャットダウンとパワーアップをいつ開始すべきかについてUPSからの命令を受け取るためにUPSとキャビネットをペアリングすることにより列車コンピュータを構成することができます(再びシリアルインターフェースを使用して)。

TC-6110列車用コンピュータは、厳しいEN 50155 EMC要件に準拠し、リモート電源コントロールを設定するために独立した電源インターフェースを備えています。すべてのモデルは、ファンレス設計、コンフォーマルコーティングが施され、極端な温度や振動に対する強力な保護に必要なハードウェアおよびソフトウェア最適化のSafeGuard™スイートを備えています。



通信システム

信号およびコントロールシステム以外に、幹線の列車に搭載されるコンピュータの第一の責任は、コントロールセンターと沿線ステーションとの通信リンクを維持することにあります。セルラーとWi-Fiモジュールの両方が不可欠です。
更に、セルラーまたはWi-Fiトランキングは、適切な帯域幅と信頼性の高いワイヤレスサービスを乗客へ提供するために必要です。従って、ワイヤレス接続性のためのモジュラ拡張性は、重要な機能です。

TC-6110 のモデルは、GPSとWi-Fiモジュールをビルトインして出荷されます。Wi-Fiと3Gクライアントに追加する拡張モジュールは、間もなくリリースされる予定です。



パッセンジャ・ロジスティックス

パッセンジャ・ロジスティックスとアカウンティングは、オートメーション化した旅客列車のマイルストーンでありCCTV、カードリーダ、Wi-Fi(WANとLANの両方)、セルラークライアント、ローカライズしたオートメーション、乗客分析ソフトウェアおよび乗客安全アプリケーションを含むサブシステムの潜在的に膨大な種類を包含しています。これらのサブシステムの一部は、ビデオ、オーディオ、RFID、Wi-Fi、3Gおよび多分シリアルまたはデジタルI/Oといった伝統的なオートメーションインターフェースの複雑なソフトウェアスイートを含みます。例えば、乗客チケッティングシステムは、非常にシンプルな(データベースおよび人間の仲介と大差ない)ものからRFIDカードのリファレンスまたは追跡およびリモートコントロールセンタとリアルタイムな通信を行う完全にオートメーション化したワイヤレスシステムまでの非常に複雑な範囲にわたります。信頼性と安全性を保証するためにコアな要件である様々なIAおよびITインターフェースを提供するために容易に拡張できる強力なモジュールベースシステムです。
TC-6110は、シリアル、USB 2.0およびイーサネットを含む合計7つの規格のインターフェースを備えています。



ビデオシステム : CCTVとNVR

オンボードビデオ・システムは、乗客およびオペレータロジスティックの両方を補完し、それらは独立して考慮する必要がある重要な役割を果たします。長距離列車のNVRシステムは、CCTVステーション(外部および内部の両方)の多くを管理することができる必要があり安全システム、センサ、および自動化されたアラームとコントロールを使いデータを統合する必要があります。ビデオデータを生成する膨大な帯域幅を処理するために大規模なストレージメディアをアクセスするための高速のCPUおよび高速ネットワークを必要とします。これらのストレージデバイスを保護するためにショックアブソーバ、振動センサ、およびカスタムソフトウェアアプリケーションのような強力な防振対策が環境の歪みから保護するために必要とされます。TC-6110列車コンピュータは、Intel Atom D525 1.8GHz CPUおよび最大2つの22.5 "SATAストレージドライブの受け入れる2ストレージモジュールを装備しています。完全なEN 50155認証オンボードCCTVシステムを構築するためには、EN50155認定のVPortカメラとTC-6110およびMxNVR-N04 NVRシステムを組み合わせることで実現します。また、より多くのストレージスペースが必要な場合は、TC-6110の拡張スロットを使いドライブを追加することができます。



オペレータ・ロジスティックス

列車の自動化に伴い列車の乗務員数は、ますます少数に縮小しますが集中化したオペレータ制御および物流問題の認知度の必要性は、増加します。オペレータ・ロジスティックスは、パッセンジャ・ロジスティックスに関わる情報収集と分析から完全に異なるサブシステムになります。補助のコンピューティングオペレーションは、おそらく配管およびHVACシステムの監視、IAおよびITシステムのための侵入検知とネットワークツール、食品、読み物、お土産、その他小物のベンディング用品、携帯用飲料水および非携帯用飲料水の供給、乗務員のスケジュールおよび情報サービス、バックエンド発券システム、照明および電気の監視などの独立しまた統合されたハードウェアおよびソフトウェアの両方が採用されます。列車を通して潜在的に分散された多種多様のセンサやアクチュエータなどを使いネットワーク分散の必要性は、再度、乗務員の認知度とレスポンス能力に対してまったく全く対照的となります。
Moxaは、最適化された列車コンピュータシステムを提供するためにTC-6110に統合されるフルラインのEN-50155 I/Oとゲートウェイを提供します。これらは、シリアル・ツー・イーサネッとゲートウェイのNPort 5000Aシリーズ、モジュラioPAC 8020 RTUコントローラおよびリモートI/OデバイスioLogik E1500シリーズを含みます。


乗客へのインフォテイメント

最新の長距離幹線の旅客列車の要件の鍵となるシステムの1つは、旅客情報とエンターテイメントシステムです。これらのシステムは、乗客に到着/出発時間、遅れ、気象状況と他の魅力のある地域を知らせるパブリックスクリーン、プライベートシートスクレーン、デジタルサイネージを取り入れることができます。これらのシステムは、乗客と乗務員とのリンク、インターネット接続または映画、音楽とゲームのようなエンターテイメントへのリンクを提供します。長距離列車に関して、これらのシステムは、高い可用性、アカウント取引をサポートするのに十分強い安全対策を供給するための広帯域の接続性を構築する必要があります。
Moxaの列車を最適化させるEN 50155準拠TNシリーズスイッチは、PoE+、ギガビットファイバインターフェースおよび広範囲にわたるポート密度を備えています。また、高速、乗客にエンターテイメントおよび情報を確実に提供するネットワークを構築するためにTC-6110列車コンピュータと組み合わせます。

一般的に言って、幹線旅客列車システムは、商用システムと比較してかなりの高い耐久性規格を必要とします。分散されたアーキテクチャと比較的マイルドなオペレーション環境のために、ハードウェア要件は、他の列車が必要とするより厳しくありません。長距離旅客列車に搭載するコンピュータが対処する必要がある最も大きな課題は、管理または統合しなければならない広範囲なソフトウェアおよびオートメーションサブシステム、およびオペレータ制御の統合と集中化です。

オペレータが頼む必要がある最低限を代表するEN 50155認証による拡張性と信頼性は効果的列車システムの鍵となります。
補助オートメーションコンピュータの要件についての詳細は、ホワイトペーパー(すべてのタイプの鉄道列車に必要とするワンコンピューティングプラットフォーム技術)をお読みください。


関連ページ

関連製品




投稿者: ibsadmin 投稿日時: 2013-4-9 14:21:05 (2382 ヒット)

産業用RS-232C、RS-422/RS-485シリアルインターフェースサージプロテクタ、
IEC 61000-4-5 Level 4認証およびIEC 61643-21 C2認証

シリアルインターフェースにおいて信頼性の高いオペレーションを実現するには、雷や他の“大型モータ、溶接機、高圧スイッチ、変圧器”などからの高電圧のサージや、“スパイク電圧、グランドループノイズ”のダメージから保護する必要があります。Moxaは、これらの障害から保護するためにIEC 61000-4-5 Level 4認証およびIEC 61643-21 C2認証の産業用RS-232C、RS-422/RS-485シリアルデータラインサージプロテクタの2種類を発表しました。

ISD-1110-T/1130-Tシリーズは、最大4 kVのサージ保護のオフィスおよびITサーバルームといった環境用の一般的なアプリケーションに適したエントリーレベルのサージプロテクタです。ISD-1210-T/1230-Tシリーズは、IEC 61643-21 C2認証の産業用RS-232C、RS-422/RS-485シリアルインターフェースサージプロテクタで最大20 kVのサージ保護の過酷な産業用としてキャビネットタイプの環境に適した高度なモデルです。特にISD-1210-T/1230-Tシリーズは、ITサーバルームや鉄道、高圧電源を使う重工業プラント、変電所、発電所を含めた厳しい環境を含む産業アプリケーションに最適です。シリアルデバイスをサージのダメージから守るテストデモ動画【YouTube(英語)】はこちらをご覧ください。




エントリーレベルデータラインサージプロテクタ
ISD-1110-T/1130-T シリーズ

エントリーレベルRS-232C、RS-422およびRS-485シリアルラインサージプロテクタ

  • 4 kVサージ保護
  • -40〜85℃動作温度
  • IEC 61000-4-5 Level 4認証

アドバンスドデータラインサージプロテクタ
ISD-1210-T/1230-T シリーズ

先進的RS-232C、RS-422およびRS-485シリアルラインサージプロテクタ

  • 20 kVサージ保護
  • -40〜85℃動作温度
  • IEC 61643-21 C2認証







投稿者: ibsadmin 投稿日時: 2013-3-28 11:43:35 (1599 ヒット)


産業用イーサネットスイッチ

EDS-P510A-8PoE シリーズ

8 10/100BaseT(X)、802.3af(PoE)、および802.3at(PoE+)準拠イーサネットポート、および2コンボギガビットイーサネットポートを標準装備したギガビットマネージドPoE+イーサネットスイッチ8+2GポートギガビットPoE+ マネージドイーサネットスイッチ



ファイアウォール/NAT/VPNセキュアールータ

EDR-810 シリーズ

ファイアウォール/NAT/VPNおよびマネージドLayer 2スイッチ機能を高度に統合したマルチセキュアルータです。センシティブなリモート制御または監視ネットワークにおけるイーサネットセキュリティアプリケーションを目的に設計されています。



産業用イーサネットゲートウェイ

MGate 5102-PBM-PN シリーズ

PROFIBUSデバイス(例えば、PROFIBUS PLCまたはドライブ)とPROFINETホスト間の通信ポータルを提供する1ポートPROFIBUS−PROFINETゲートウェイ



鉄道用コンピュータ

TC-6110 シリーズ

NVRおよび旅客情報システム、Moxa SafeGuard ™を使った温度および振動保護サポートの鉄道車両用3Uサイズオンボードコンピュータ



マリン(海洋用)ECDISタイプ認証ディスプレイ

MD-119 シリーズ

マリン産業システム特有の環境要件に適合する設計がされたECDISタイプ認証、19インチパネルワイドイメージサイズのディスプレイは、4:3アスペクト比および1280×1024ピクセル解像度を備えているので詳細な高解像度画像を必要とするあらゆる海洋アプリケーションの表示に理想的です。


RS-232C、RS-422/RS-485シリアルデータライン・サージプロテクタ

ISD-1110-T/1130-T シリーズ

シリアルインターフェースに接続されたモデム、FAXマシン、I/Oポート、ターミナル、計測機器、hub、およびその他のシリアルデバイスをサージから保護するためにEN 61000-4-5 Level 4の強力なサージプロテクションを提供するエントリーレベルRS-232C、RS-422およびRS-485シリアルラインサージプロテクタ

ISD-1210-T/1230-T シリーズ

シリアルインターフェースに接続されたモデム、FAXマシン、I/Oポート、ターミナル、計測機器、hub、およびその他のシリアルデバイスをサージから保護するためにIEC 61632-21 C2の強力なサージプロテクションを提供する先進的RS-232C、RS-422およびRS-485シリアルラインサージプロテクタ


IPカメラ

VPort 26A-1MP シリーズ

解像度最大1280×800、H.264/MJPEG 3ビデオストリーム、昼夜カメラレンズを備えているので屋外のビデオ監視アプリケーションに最適な屋外用IP66等級、昼夜バンダルルーフ固定ドームHD IPカメラ





投稿者: ibsadmin 投稿日時: 2013-3-25 11:59:03 (1528 ヒット)

車両システムにおいてコンピュータが大きな重要性を担ってきたように高度に設計されたデータ保護機能を備えた特殊なハードウェアは、必要とされます。鉄道は、その中で優れたサンプルの1つといえます。鉄道事業者は、既にサービスのすべてのレベルで情報技術およびオートメーション技術を適用しており、極端な高熱、低温および振動が常時発生する鉄道環境において一般商用ITコンピューティングハードウェアを使用すると急速な破壊に繋がることを危惧しています。コンピュータは、現在、カストマの安全と利便性、管理、メンテナンス、および監視の統合またはリモートコントロールおよび通信に必要な9ナイン(99.9999999パーセント)の可用性を促進するために統合されていると共にMoxaのSafeGuard™技術スイートが列車だけでなく、いかなる移動体に対するパワーフルな産業グレードのオートメーション/情報ソリューションを提供します。
コンピュータのためのSafeGuard™セキュリティスイートは、一般商用のITハードウェアの範囲をはるかに超す問題を克服するモバイルアプリケーションの多くの課題について言及します。特にSafeGuard™は、鉄道上の常時存在する特殊な環境課題に合わせて仕立てられています。EN 50155産業規格は、電力サージ、電源の障害、振動、熱などを含む問題の範囲に関し明らかに鉄道使用に適したデバイスを特定するために国際的な団体により設立されました。世界的なIA/ITのコンバージェンスデバイスの製造会社の1つとしてのMoxaは、SafeGuard™をその活用の羅針盤としてこれらの国際的な開発を実行しました。SafeGuard™は、データ保護および整然としてオートメーションの特に鉄道アプリケーションに合わせて設計され、いかなる移動体や厳しい環境に対してもパワーフルなソリューションを提供することができるMoxaの誇りを代表しています。

一例としてオンボードネットワー・ビデオ・レコーダ(NVR)は、一般的に専用の組込デバイスでとして機能するソフトウェアパッケージです。これらのコンピューティングプラットフォームは、ビデオストリームを受信し、検索可能なフォーマットで保存するために大きな記憶容量を必要とします。メカニカルの記憶装置は、極端な振動や温度に非常に影響されやすい問題があります。一方、ソリッドステートドライブ(SSD)は、振動に関して堅牢で耐久性がありますが高価であることが問題です。
SafeGuard™は、これらの技術的な課題に対する回答です。


列車および沿線の課題

大規模な船舶や列車でありながら比較的少人数の乗組員によってオペレーションされ管理される搭載されたコンピューティングプラットフォームは、頭を悩まします。
これは、システムが極端な温度と振動に対して集中化および耐えなければならないことを意味します。SafeGuard™は、4つの基礎的な方法でこれらの課題に取り組みます:

  • ローカルによる自動化された冗長性の集中化した電源コントロール
  • アクティブおよびパッシブな温度耐性
  • 振動に対するパッシブな制振およびアクティブなオートメーション保護
  • 電源の不整合についてのアクティブおよびパッシブな調整

集中化した電源コントロールおよびファンレス

集中化した電源コントロールは、リモートデジタルI/Oまたはアナログリレイが正常に起動またはOSをシャットダウンするために使用できるようにBIOSを変更することが含まれます。これにより、列車のオペレータは、すべてのコンピュータを同時にパワーアップ(またはダウン)のすることができるのでオペレータは、スイッチをフリックするだけで、すべてのキャビネットが期待どおりにOnまたはOffの保証が可能となります。


極端な温度耐性

アクティブな温度保護とは、通常、ファンを意味しますが、これらのコンポーネントは、ベアリングなどのメカニカルで構成されるため故障の原因を招き、そのためマシンのMTBF(平均故障間隔)を減少させます。Moxaのアプローチは、まず1つの大きなヒートシンクをケース全体に設置させることにより限界までパッシブなコントロールを実行することです。適切な材料と基板のレイアウトに十分に注意を払うことで高い熱耐性は、ファンを排除してパッシブな温度保護を実行することができます。アクティブコントロールが適切に耐久性と信頼性を保つことができる場合は、引き続き使用することができます。しかしながら、更なる極端な温度に対処するためには、温度センサと監視ソフトウェアをインストールすると共に必要なときにハードディスクの電源を切り温度が動作可能範囲内のスレシュホルドに戻るまでコンピュータは、新しいデータをログするためにソリッドステートの非揮発バッファに記録します。最後に、温度が氷点下以下までドロップする気候の場合、SafeGuard™は、動作温度までデバイスを温めるために完全に自動化されたオンボードヒータを提供します。


振動および衝撃に対するSafeGuard™

振動の影響は、オンボードコンピュータにとって最大の課題の一つです。ソリッドステートドライブ(SSD)は、1つの答えですが大容量のドライブは非常に高価でありまた、暑さと寒さに影響を受けます。SafeGuard™のアプローチは、大幅に共振振動を減衰させる非常に耐衝撃性のある非対称ブラケットに産業グレードのハードディスクをマウントすることです。これは、ドライブの中央での変位を低減し、より広い空間を通して振動を消散しドライブのすでに高い許容度を大幅に強化し、より広く分散して軸方向の寸法を通して振動を分散させます。SafeGuard™は、更に独立したオンボード振動センサ(Gセンサ)が含まれオペレータは、後で解析するための状態を監視しログに記録することができます。上記による優れた認識とドライブの準備により振動の激しい鉄道環境下でもMTBF(平均故障間隔)を大幅に増大させることが容易に実現できます。また、SafeGuard™のGセンサは、エンジニアが全体の駅の環境データを収集するために使用するのでサイトの監視ツールを兼ねることができるために非常にセンシティブかつ正確です。


電源の保護

電源および電源からの保護は、鉄道システムが克服しなければならない重大な問題です。SafeGuard™保護の最初のラインは、電源モジュールのコンデンサとペアーとなるオプティカルアイソレータです。コンデンサは、電源の10msの障害を通してデバイスを延長するために十分なチャージ量を保持します。その一方、オプティカルアイソレーションは、サージに対して強力な保護を提供します。しかしながら、Moxaのンピュータを無停電電源装置(UPS)とペアーにするためにシリアルまたはデジタルI/Oインターフェースを使用することによって更なるメリットが得られます。UPSは、サージ保護、電源の冗長性、およびローカルの電源監視およびコントロールをオールインアンで提供するためにセットアップされます。電源が停止した場合、UPSは、安全なシャットダウンの初期化をする間に通常の動作を維持することができます。このようにレギュラー電源から切断されたコンピュータは、標準なシャットダウンプロセスを使い電源ダウンを継続します。そして、データおよびストレージドライブは、固定されているままで適切に同期することを保証します。


結論

モータライズされた輸送によって導入された特異な環境状況の故に、車両コンピュータは、特に商用ITハードウェアよりも洗練され思慮深い設計を必要とするアプリケーションが鉄道で使用されています。また、必然的に発生する諸状況からこれらのコンピュータを保護するために高度な技術が必要とされます。SafeGuard™技術スイートは、Moxaのソリューションです:SafeGuard™が自動化された電源と振動の保護、温度や振動センサのビルトイン、シンプルに自動化したコントロールをEN 50155の型式認証させる重要な要素および、あらゆる種類のモバイル車両システムのための強力な機能にします。



関連製品





(1) 2 3 4 ... 40 »
Copyright © 2002- IBS Japan Co., Ltd. All Rights Reserved. Powered by XOOPS 2.0.7.3
s